テレビドラマを見逃した人に!人気ドラマや過去の名作ドラマを見た感想やまとめ、無料でドラマ動画を視聴する方法などを紹介。

動画配信サービスを楽しもう

悪女について

更新日:

善悪両方を武器にしてのし上がる女性

「悪女について」はバブル最盛期である昭和61年に、謎の死を遂げる富豪富光寺公子の半生を描いた作品です。
時代の流れによってしたたかに生き抜いていく様や、結婚・離婚を繰り返して何がしたかったのか、見ているだけでも謎が多く、引き込まれる内容です。

ただの女一代立志伝ではない

バブル最盛期である昭和61年に、謎の死を遂げる富豪富光寺公子の半生を描いた作品、「悪女について」は、関係者の話から彼女を見た視点で作られている独特の作品です。

主人公でありながら、モノローグや心情が見えない為、彼女の取った行動の真相の意味を理解するのに時間がかかります。

あえて視聴者に任せる形をとっている為、独自の解釈ができる強みのある作品です。

人の視点によって、悪女にも聖女にもなる彼女への謎が、作品最大のミステリーとも言えます。

時代の流れによってしたたかに生き抜いていく様や、彼女が何を考えて子供を産んだのか、結婚・離婚を繰り返して何がしたかったのか、見ているだけでも謎が多く、引き込まれる作品です。

特に主人公の公子を演じた女優の演技力の高さが、作品に膨らみを持たせています。

聖女・悪女両方を演じきり、作品にある種のリアリティをもたらしました。

彼女の愛は誰にあったのか

複数の男性と交流を深め、何人かの子供を産んだ彼女は、父親を決して明かそうとはしませんでした。

彼女は誰を愛したのか、だれの子供だったのか、永遠の謎として残っているのが印象的です。

公子が立ち上げた宝飾品店にちなみ、複数の豪華な宝飾品が映るのも、好きな人にとってはたまらないでしょう。

驚くほどにゴージャスな宝飾品が複数登場し、見ているだけで癒されます。

公子が若い頃から年配の女性に至るまで、徹頭徹尾1人の女優で撮影していた為に、イメージのギャップを楽しめるのもメリットの一つです。

最初の頃の清純さから円熟さに至るまで演じきれる力量は、もっと評価されてもいいと思います。

時代ごとにイベントや時代背景の丁寧に抑えているから、架空の話であるにもかかわらず、本当にあった気分を味わえる作品です。

味方につけると強い味方となり、敵に回すと恐ろしいと感じる女性です。

参考リンク:悪女について

悪女について

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は各社のホームページでご確認ください。

Copyright© 動画配信サービスを楽しもう , 2018 All Rights Reserved.