テレビドラマを見逃した人に!人気ドラマや過去の名作ドラマを見た感想やまとめ、無料でドラマ動画を視聴する方法などを紹介。

動画配信サービスを楽しもう

下町ロケット|ドラマ|動画

更新日:

ドラマ「下町ロケット」の感想と見どころ

ロケットにかける男たちの熱い思いが描き出された、「下町ロケット」。
大ヒットドラマ「半沢直樹」でお馴染みの、池井戸潤の原作ということもあり大ヒットドラマ間違いなしの期待感で、その期待を裏切ることなく面白かったです。


下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX


最初から最後までワクワク感がとまらない

「下町ロケット」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」でお馴染みの、池井戸潤の原作ということもあり、とても楽しみにしていました。

前編「ロケット編」5話、後半「ガウディ編」5話の計10話の放送でしたが、第1話からぐいぐいひきこまれる面白さでした!

まず主人公である、阿部寛演じる佃製作所の社長、佃航平の人物像に惹かれました。

根っからの技術屋で、夢を追い続けるロマンチスト。

義理と人情に厚い男で、その情熱で大企業のトップの気持ちですら変えられるというところが、惹きこまれるポイントでした。

特に、吉川晃司演じる帝国重工の財前部長と話し合いを重ね、工場に財前を招き、実際の製作現場を見せるシーンは、佃航平のロケットに対する思いが強く現れているシーンの1つだと思います。

また、佃の思いがどんどん周りに伝染していくところが面白く、後半の小泉孝太郎演じるサヤマ製作所社長の椎名と渡り合うシーンは、椎名の歪んだ人物像がとても印象的で、財前の時とはまた違った緊張感でしたが、佃と何度もやりとりし、最終回に至るまで椎名の気持ちが少しずつ変化していく様子は、とても心を動かされました。

どんな人物の心も変えてしまう、主人公のものづくりへの熱い思いを感じました。

下町ロケットのみどころ

このドラマは、下町の製作所がロケットエンジンや、心臓の人口弁のパーツづくりに関わっていく、夢とロマンにあふれたストーリーです。

見どころは、まず前半の、帝国重工による佃製作所のロケット部品供給のテストです。

次々と理不尽ないいがかりをつけられる佃製作所が、どうやって切り抜けていくのか、そしてバラバラになりそうな社員の気持ちが、どうやって1つになっていくのかがポイントです。

ロケットにかける男たちの熱い思いが、このテストシーンで描き出されています。

吉川晃司演じる帝国重工部長、財前の男気あふれるれるシーンも、見どころの1つです。

後半の見どころは、心臓の人口弁開発をかけて行われる、サヤマ製作所とのコンペ対決です。

佃製作所は、無事コンペに勝ち、人口弁を作ることができるのかが、注目です。

また、小泉孝太郎演じるサヤマ製作所社長の椎名の歪んだ性格が、佃や佃製作所の社員たちと関わることで、どう変化していくのかも、見どころの1つです。

全体として、働く男性はもちろん、老若男女どなたにでもおすすめできるドラマです。



ドラマ「下町ロケット」は、huluで配信しています。まずは無料お試しで見てみましょう。

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は各社のホームページでご確認ください。

Copyright© 動画配信サービスを楽しもう , 2018 All Rights Reserved.