テレビドラマを見逃した人に!人気ドラマや過去の名作ドラマを見た感想やまとめ、無料でドラマ動画を視聴する方法などを紹介。

動画配信サービスを楽しもう

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1

投稿日:

「ドキュメンタルシーズン1」を見ずにお笑い好きと言うなかれ!

松本人志さんに招集された10人の芸人が、賞金の1000万円を目指して他のメンバーを笑わせようとする、ガチのお笑いバトルです。「楽屋でやって兄さんたちを笑わせていたこと」をしますが、あんなことを日頃からやっているのかと、そこにビックリしました。

緊張感の中のくだらない笑い

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1」は、松本人志さんに招集された10人の芸人が、賞金の1000万円を目指して他のメンバーを笑わせようとする、ガチのお笑いバトルです。真剣勝負の大人のにらめっこと言ってもいいでしょう。

今まで、こういう状況設定のお笑い番組はなかったと思います。それだけに新鮮でした。それぞれが100万円を自腹で払っていることから、ピリピリした緊張感が漂います。

しかし、その状況でやっていることは、まあ、くだらないことばかりで、その落差が妙に面白かったです。参考サイト:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン2
宮川大輔が、「楽屋でやって兄さんたちを笑わせていたこと」をしますが、あんなことを日頃からやっているのかと、そこにビックリしました。しかも、そのあとの展開が言いようもなくおかしかったです。

先が読めない展開で、少しハラハラしながらも、笑ってしまう場面の連続です。途中に挟まれる映像もカッコ良く、まさにお笑いの格闘技だと思いました。


HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

芸人さんたちの性格が感じられる

積極的に仕掛けて笑わせようとする芸人、じっと耐えて他の人が自滅するのを待っている芸人など、登場する芸人さんの性格や人柄がちらちらと感じられる点も、面白かったです。芸人同士の人間関係も、垣間見られました。

松本人志さんがこの企画の立案者・招集者・審判なのですが、ヘンに威張っていないところが嬉しいです。アウトの判定が曖昧だと思う人もいるかもしれませんが、ガチガチなルールでなかったことが、逆に、温かみが感じられて良かったと思います。

「アントニーは100万円を出すのは辛かっただろうなあ」とか「ジミーちゃん、やるなあ」とか「フジモン、笑ってるやん」など、いつの間にか出演者と一体になっている自分を発見しました。

参考サイト:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3
お下品すぎるので(褒め言葉です)小学生以下の子どもと、下ネタが絶対NGだという人にはおすすめしませんが、そうでない人にはぜひ見てほしい番組です。文句なく面白いです!




見放題の映画・ドラマなら一度Hulu無料お試しも試してみてください。

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は各社のホームページでご確認ください。

Copyright© 動画配信サービスを楽しもう , 2018 All Rights Reserved.